PORCUPINE TREE のレビュー

PORCUPINE TREE / Lightbulb Sun

2000,UK

英国のプログレッシブ・ロック・バンドPORCUPINE TREEの2000年7thアルバムLightbulb Sun。

アコギのカッティングがリードするフォークに、控え目ながらも浮遊感をもたらす鍵盤群の装飾とヘヴィなギターのアクセントによるPORCUPINE TREEらしい個性が付加された#1。
くすんだピアノの弾き出す妖しいワルツに乗って、レトロで不気味なファンタジーを描いた#2。GENESIS風コーラスとオートハープの音色が良い感じです。
一転して、パーカッション等エスニックな装飾を印象的に活用したキャッチーな#3。
暗鬱なメイン・テーマのリフレインから、メロディアスかつウォームな叙情を醸すサビに展開する#4。アコギやバンジョーの響きがトラッド風にも感じられる神秘的なフォークの前半と、フェンダー・ローズが浮遊する思索パートの後半から成る#5。
アコギやスライド・ギターのシンプルな演奏にストリングスを加え、ハートウォーミングに仕上がったフォーク小品#6。
3小節パターンによってズレる錯覚を引き起こす中間部のリフにインテリジェンスを感じさせる、クールな思索プログレ#7。
バックのアコギのカッティングに対するモーダルなボーカル・ラインが、独創的なメロディを生み出すフォーク#8。
トレモロを掛けたエレピとギター、冷え冷えと漂うシンセ・パッドが醸し出すアンビエントな空間に鬱なボーカルが乗る#9。ストリングスを加えてシンフォニックに盛り上がるも、ここは「シンフォニックなプログレはあまり聴かなかった」スティーヴン・ウィルソンらしく、仰々しいというよりは端整なテイスト。後半のインスト・パートではヘヴィなギター・リフに音響効果を交えた、得意の不条理トリップ空間が爆発する13分超の大作。
クリーンなギターの単音リフにアコギ、ストリングス・セクションをバックに、抑えたトーンのボーカルが淡々と流れる耽美なバラード#10。

全曲が歌モノとなり取っ付き易さを増すと共に、各曲のキャラも際立って来ました。
異色なテイストの#2や#3などには、スティーヴン・ウィルソンの引き出しの多さに驚嘆の念を抱くほどです。
キャッチーなんですが、思索的インテリジェンスと仄かな叙情を忘れない英国らしさも健在しております。

Track List

1. Lightbulb Sun
2. How is Your Life Today?
3. Four Chords That Made a Million
4. Shesmovedon
5. Last Chance to Evacuate Planet Earth Before it is Recylced
6. The Rest Will Flow
7. Hatesong
8. Where We Would Be
9. Russia On Ice
10. Feel So Low

PORCUPINE TREE / Lightbulb Sun のレビューを見る

カテゴリー: PORCUPINE TREE

タグ:

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP