IL BALLETTO DI BRONZO のレビュー

IL BALLETTO DI BRONZO / YS

1972,ITALY

イタリアの4人組プログレッシブ・ロック・バンドIL BALLETTO DI BRONZOの2ndアルバムYS。

1stではサイケ風味なポップス寄りプログレを演っていたようですが、ジャンニ・レオーネ(Key/Vo)が参加した本作では、オルガン、ピアノ、メロトロン、モーグ、スピネット、チェレスタといった鍵盤群が縦横無尽に暴れる暗黒プログレを展開。

ゲストの女性コーラスによる不穏なハーモニーをフィーチュアした異教のミサのような妖しいムードの#1。モジュレーションを掛けた痺れギター、スピネット(小型ハープシコード)の厳かな音色による変拍子不条理アルペジオ、などなど、これでもかと畳み掛ける中間部での熱にうなされたかのような怒涛のインプロビゼーションが圧巻。
#1のムードを引き継ぎ、ラストはスピネットの妖しくも典雅なインストゥルメンタルで締めくくる#2。
メロトロンの白玉がもたらす叙情を帯びた静寂を突き破り、不条理リフが性急な3連リズムでのたうつ#3。
オルガンを中止とした攻撃的で緊張感あるアンサンブルの#4。
モジュレーションを掛けたギターとベースの不気味なユニゾン・リフをバックに、アバンギャルドなピアノと女性コーラスが断末魔の叫びを上げるヘヴィな#5。

初期KING CRIMSONを病的に屈折させた感じのインストパートが、とにかくインパクト絶大です。

Track List

1. Introduzione
2. Primo Incontro
3. Secondo Incontro
4. Terzo Incontro
5. Epilogo

IL BALLETTO DI BRONZO / YS のレビューを見る

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP