VIENNA のレビュー

VIENNA / Overture

1988,JAPAN

Gacktのブレーンとして御殿を建てた事ですっかり有名な元GERARDの”茶々丸”こと藤村幸宏(G/Vo)、元AFREITUSの永井敏巳(B)、元NOVELAの西田竜一(Dr)、元OUTER LIMITSの塚本周成(Key)という日本プログレ界の最強メンバーが結成したバンドVIENNAの1988年1st。テクニカルな変拍子と厚いキーボード群、ギターのハードなエッジ、甘い歌声・歌メロが渾然一体となった素晴らしいプログレッシブ・ハード・ロックを展開。

Track List

1. Follow you
2. Seek a sign
3. The metamorphic time in paradise
4. Overture
5. Magic motion
6. Canone

VIENNA / Overture のレビューを見る

フォローもよろしくお願いします!

VIENNA / Step into Vienna

1988,JAPAN

1stから約半年後にリリースされた日本のプログレッシブ・ロック・バンドVIENNAの1988年2ndアルバムStep into Vienna。

ファンタジックなオープニング#1からドラマティックにメドレーで繋がる#2が又壮大なプロローグって感じで早くもこのアルバムがタダでは済まないことを予感。そして怒涛のプログレッシブ・ハード・ロック#3で確信に。スケール感、キャッチーな要素、スリルが前作よりも大幅に増量された超名盤。
変拍子・転調のスパイスが効いた様式美ハード・ロックの#4、ベースラインが印象的な変態プログレ・ソング#5、透明感溢れるシンフォニックな#6、各パートの超絶プレイが丹念に織り込まれ緊張感ビンビンのハード・ロック叙事詩を成す#7(特にベースがブイブイ来てます)。
文句の付けようが無い完璧なアルバム。

Track List

1. Step into the vivid garden
2. Gathering wave
3. Schvelle
4. Magic eyes
5. Caution!
6. Sleepless night
7. Fall in alone

VIENNA / Step into Vienna のレビューを見る

フォローもよろしくお願いします!

VIENNA / Progress

1989,JAPAN

VIENNAの1989年作ライブ。

同年1月大阪ミューズ・ホールでのコンサートを収録。1stと2ndよりバランスよく選曲されている。ホルストの組曲『惑星』より木星をカヴァーしたインスト#5がなかなか聴かせる。

Track List

1. Opening
2. Gathering wave
3. Schvelle
4. Follow you
5. The Planets by Holst
6. The metamorphic time in paradise
7. Canone
8. Sleepless night

VIENNA / Progress のレビューを見る

フォローもよろしくお願いします!

VIENNA / Unknown

1998,JAPAN

手数王 菅沼孝三(Dr)が参加した、プログレッシブ・ロック・バンドVIENNAの1998年の再結成作。

藤村幸宏(G/Vo)の歌いっぷりが荒くなったのとギターのエッジが前面に出ている所からハード・ロック色が強くなった印象。勿論ド変態テクニカル変拍子がいたる所に配置されているので安心です。相変わらずズ太い永井敏巳(B)のフレットレス・ベースは健在だし、菅沼の音数の多さは採譜屋泣かせだ。再結成までの10年で一番発達したシンセ関係もデジタルとアナログを上手く使い分けてるようでブ厚く、それでいて息苦しくならない程度の空間的広がりをもたらすアレンジが絶妙。甘さを抑えたビターな大人向けの渋くてカッコ良いプログレッシブ・ハード・ロックです。

Track List

1. Entrance
2. Shesp ankh (Sphinx)
3. Legend
4. Open Sesame
5. Anubis
6. Melancholy of matador
7. Moonstone
8. The destruction day
9. For an illusion

VIENNA / Unknown のレビューを見る

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP