UK のレビュー

UK / UK

1978,UK

ジョン・ウェットン(B/Vo)、アラン・ホールズワース(G)、エディ・ジョブソン(Key/Vln)、ビル・ブラッフォード(Dr)。

パンクの嵐吹き荒れる70年代末英国にて、プログレッシブ・ロック界のスーパー・スター達が結成したバンドUKの1978年1st。プログレ最後の意地を見せたアダルトな雰囲気漂う作品です。エディのヴァイオリンが所々で独特なアクセントとなっている。KING CRIMSON末期のメロウ・サイドを一身に背負っていたウェットンの魅力は健在。ともすれば違う惑星にでも行ってしまいそうなホールズワースのアクの強いプレイもソフトかつ男っぽい歌唱で中和。変拍子や複雑な曲構成に垣間見えるPOPな感覚は後のASIAで大いに開花することに。その為かジャズがやりたかったアランとビルはこの1枚で脱退してしまいます。

Track List

1. In the Dead of Night: In the Dead of Night
2. In the Dead of Night: By the Light of Day
3. In the Dead of Night: Presto Vivace and Reprise
4. Thirty Years
5. Alaska
6. Time to Kill
7. Nevermore
8. Mental Medication

UK / UK のレビューを見る

タグ:

フォローもよろしくお願いします!

UK / Danger Money

1979,UK

UKの1979年2nd。

前作からアラン・ホールズワース(G)が脱退し、ドラムスもがテリー・ボジオに交代。トリオ編成となり、音楽性はよりロックでキャッチーに変化。しかもカッコ良い。ポルタメントたっぷりなブ厚いシンセの冒頭#1からプログレ節全開。ギターが居なくなったのでエディ・ジョブソン(Key/Vln)がシンセ・オルガン・エレピにヴァイオリンと大忙しで大活躍。ジャケ裏写真のクリスタル・エレクトリック・ヴァイオリンを抱える姿も凛々し過ぎます。ジョン・ウェットン(B/Vo)のメロウ・サイドも#2や#5で堪能できます。プログレ受難の1970年代末に良くこんなの作ったな、と思います。いや、商品として世に出したレコード会社も偉いですね。オルガンがリードするテクニカルでソリッドなプログレ・チューン#3がメチャカッコ良いです。

Track List

1. Danger Money
2. Rendezvous
3. Only Thing She Needs
4. Caesar's Palace Blues
5. Nothing to Lose
6. Carrying No Cross

UK / Danger Money のレビューを見る

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

Amazon Ranking

Powered by fun9.net

TOP