DRUID のレビュー

DRUID / Toward the Sun

1975,UK

英国の4人組プログレッシブ・ロックバンドDRUIDの1975年1st。クリーンなハイトーン・ボーカルやゴリゴリしたベース、緊張感あるパートと開放的でゆったりとしたパートのドラマティックな場面転換などにYESの影響を多分に感じさせつつも、牧歌的とも言える緩いテイストを加える事で独自の個性を発揮しています。メロトロンが鳴り響きモーグやオルガンでアクセントを付けた幻想的なインストゥルメンタル#3。序盤の叙情パートでの静謐でリリカルなピアノが神秘的で汚れ無き世界を描いた#5。メロトロンの白玉が濃霧のように立ち込め、ギターのメロディを包み込みながらドラマティックに盛り上がって行く#6等々、キーボードが効果的に使用され、桃源郷をイメージさせるポジティブでシンフォニックな世界を醸成しています。

DRUID / Toward the Sun のレビューを見る

タグ:

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP