FRESH MAGGOTS のレビュー

FRESH MAGGOTS / Fresh Maggots

1971,UK

ミック・バーゴイン(G/Vo/Vln)とリー・ドルフィン(G/Vo)によるフォーク・デュオFRESH MAGGOTSの1971年唯一作。

アルペジオのフレーズを微妙に違うものにしたり、リズム楽器の不在を感じさせないミズミカルなコード・カッティングなど、2人のアコギによるコンビネーションが抜群な上に何とファズ・ギターのペンタトニックによる弾きまくりフレーズも飛び出す独特のサウンド。
時には、ぴったり息の合ったギター・アンサンブルによるテンポや拍子のチェンジも繰り出してプログレッシブに迫ってきます。曲想は非トラッドながら英国的な翳りを感じさせる美しく叙情味溢れるものから、爽やかなフォーク、疾走するフォーク・ロックなど幅広く、キーフによるジャケット・アートのイメージそのままの幻想的な雰囲気も。
#2のグロッケンや#5のホイッスル、又#2、#6、#9、#11ではストリングスが曲調に合わせて効果的に使用されており、1曲1曲のキャラを明確にしています。

Track List

1.Dole Song
2.Rosemary Hill
3.Quickie
4.Everyone's Gone to War
5.And When She Laughs
6.Spring
7.Balloon Song
8.Guzz Up
9.Who's to Die?
10.Elizabeth R
11.Frustration

FRESH MAGGOTS / Fresh Maggots のレビューを見る

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP