MUSEO ROSENBACH のレビュー

MUSEO ROSENBACH / Zarathustra

1973,ITALY

イタリアの5人組プログレッシブ・ロック・バンドMUSEO ROSENBACHの1973年唯一作Zarathustra。

ステファノ・ガリフィ(Vo)のパワフルで説得力あるボーカルを活かした歌唱パートは、叙情味を漂わせてメロディアスに。ヘヴィなギターと時にダーティなオルガンが中心となるインストゥルメンタル・パートは、ハード・ロック的なダイナミクスと若干不条理な混沌がもたらすヘヴィネス。というように両極端なテイストを縦横無尽に張り巡らせた楽曲展開が魅力。
#1~#5の組曲Zarathustraにそんな彼らの旨味が凝縮されています。時にしっとりと、又時にはブルド-ザーのようにパワフルに迫り来るメロトロンも、サウンドの起伏に多大に貢献しております。
続く単独の残り3曲もそれぞれドラマティックな要素を内包。
冷えびえとした質感のメロトロンによる白玉が不安感を増幅する冒頭から、躍動感あるハード・ロックなインストゥルメンタル・パートを経てパワフルな歌唱パートに展開する#6。
細かくビートを刻むドラムをバックに音色を微妙に変化させたオルガンのリフがヘヴィにリード、歌唱パートでは短いながらもドラマティックなメロディを聴かせる#7。クールに抑えたインスト・パートを経た激しいスキャットの部分ではメロトロンも参戦しサウンドに厚みを加えています。
ギターとオルガンによる精緻にアレンジされた不条理リフや、歌唱パートにおける疾走するユニゾン・リフがカッコ良いプログレッシブ・ハード・ロックな#8。センチメンタルな叙情も加えながら、あくまで熱い歌唱とラストのメロトロン大洪水も良い感じです。

Track List

1. Zarathustra: l'Ultimo Uomo
2. Zarathustra: Il Re de Ieri
3. Zarathustra: Al Di La'del Bene E del Male
4. Zarathustra: Superuomo
5. Zarathustra: Il Tempio Delle Clessidre
6. Degli Uomini
7. Della Natura
8. Dell'eterno Ritorno

MUSEO ROSENBACH / Zarathustra のレビューを見る

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP