THE WATCH のレビュー

THE WATCH / Timeless

2011,ITALY

イタリアのGENESISフォロワー プログレッシブ・ロック・バンド THE WATCHの5thアルバム Timeless。

アルバム各所に登場するテーマ・メロディを提示する序曲的な#1。12弦アコギにメロトロン、クセのあるボーカル、と既に全開。
不穏なムードで#1を継承し、比較的アップテンポに飛ばすロック・ナンバー#2。ワウを掛けたギター、オルガンのアルペジオ、シンフォニックなシンセと場面ごとに印象的なフックが盛りだくさん。
コード進行とくぐもった足踏みオルガンの音色が神秘的でファンタジックなムードを醸し出す#3。ギターの切り返しとシンセ・ソロのフレージングも良い。
#1のテーマ・メロディをサビに配したポップな#4。明るい雰囲気の中に巧みに翳りを織り交ぜて英国的に仕上がってます。
12弦アコギとフルートをイントロに配したファンタジックなバラード風の#5。後半のメロトロン・パートがドラマティック。
オルガンのリフとドラムが生み出す快活なリズムのヴァースとメロトロンによるメランコリックなパートが対比した#6。
タイトルにそぐわないのどかな序盤のボーカル・パートから、フィルターがミュンミュンするシンセ・パートで徐々に妖しく展開していく#7。
起伏を持たせた展開でラストに#1のテーマが登場、壮大なフィナーレとなる#8。
引き続きテーマ・メロディをピアノでリフレインする小曲#9。

GENESISのカヴァーをやっているうちに(#3,#4,#6はカヴァー)、オリジナル曲のテイストももはやGENESIS以外の何者でも無いという体質になってしまった所謂トリビュート・バンド。
芝居がかった歌唱、メロトロンやギターのサウンド、ちょっと奇妙なコード進行、コンパクトなポップ感覚、などなど各楽曲の至る所にガブリエル期GENESISのエッセンスを滲み出させつつも、メロディアスかつ印象的なフック満載の素晴らしいアルバム。
聴き終わった後、無性にGENESISを聴きたくなってしまうのは、THE WATCHにとって失礼なことなのか。それとも賛辞と受け取ってくれるんでしょうか?

Track List

1. The Watch
2. Thunder Has Spoken
3. One Day
4. In The Wilderness
5. Soaring On
6. Let Us Now Make Love
7. Scene Of The Crime
8. End Of The Road
9. Exit

THE WATCH / Timeless のレビューを見る

フォローもよろしくお願いします!

THE WATCH / Tracks from the Alps

2014,ITALY

イタリアのプログレッシブ・ロック・バンドTHE WATCHの6thアルバムTracks from the Alps。
今回もGENESISの楽曲#4をカヴァー。

効果的に使用されるメロトロンやシンセがサウンドに占める割合、起伏や明暗などの楽曲展開等、ピーター・ガブリエル期GENESISの音楽的要素を緻密に研究しつくし我が物としたところが、THE WATCHの特長。このアルバムTracks from the Alpsにおいても、楽曲の印象を大きく左右するポイントであるボーカル・スタイルとギター(サウンドとフレージング)が、もはやピーター・ガブリエルとスティーヴ・ハケットにしか聴こえないくらいにGENESIS化が進行。
マイナーな楽曲にスポットを当てるカヴァーにもリスペクトが感じられ、ガブリエル期GENESISの正統フォロワーとして、より一層レベルアップしている。

静かなオープニングからスリリングな5拍子への移行、効果的なメロトロン、冒頭のボーカル・メロディを変奏するシンフォニックなシンセ、終盤の叙情パートなど、ドラマティックな起伏とフック満載の#1。
良く練られたコード進行とキャッチーなパートを持つ#2。
冒頭に雪を踏みしめるSEを配したミステリアスな序盤から躍動感あるパートへ展開。様々な表情を見せるシンフォニックなインスト・パートも聴き所な#3。
メロトロンとフルートが効いている、神秘的な中に叙情を織り込んだ#4。
レトロな音色のリフやバッキング、突如3拍子に拍子チェンジしてのクラシカルなソロとオルガンが活躍する#5。
ギターのアルペジオを中心に進行する静謐な前半からシンフォニックな後半に移行する#6。
フルートとギターのアルペジオの醸し出す叙情、静動のダイナミクス、メロトロンの白玉、、ドラマティックな展開など理想的なプログレ・チューン#7。

オリジナル曲は、単に古い素材を模倣して並び替えたのでは無く、GENESISの新曲としても違和感無く許容できるだけの楽曲クオリティがある。そこにTHE WATCHの凄みを感じる。

Track List

1. A.T.L.A.S.
2. The Cheating Mountain
3. Devil's Bridge
4. Going Out to Get you
5. Once In a Lifetime
6. On Your Own
7. The Last Mile

THE WATCH / Tracks from the Alps のレビューを見る

フォローもよろしくお願いします!

THE WATCH / Seven

2017,ITALY

イタリアのGENESISフォロワーTHE WATCHの7thアルバムSeven。

ギター・ソロにおけるのっぺりしたトーンとシーケンス・フレーズがスティーヴ・ハケット本人かと思うほど特徴をコピー。奇妙なコード進行を持つ幽玄かつ抒情的な#1。
歌唱、歌メロ、バッキングのシンセ等、全てが怪しく進行しつつ、コーラスがどこか儚げなムードを演出する#2。
シンプルな歌モノにハケット風なエッジの立ったギターとメロトロンが加わり一気にGENESIS度が上がる#3。中盤のギター・ソロを経て終盤にシンフォニックにスケール・アップするアレンジも良い。
フルートとメロトロンの静謐パート、くぐもったエレピの音色のせいか軽快だが陰鬱なヴァース、シンセ中心の畳みかけ、等々ドラマティックに場面転換するシンフォニック・チューン#4。
アコギのカッティングをバックにしたメロウなナンバー#5。パーカッションやストリングス系シンセの使い方が上手く、シンプルだが単調にならない。
緩急や明暗でドラマティックな演出を施した#6。
何とご本人が12弦アコギでゲスト参加。スティーヴ・ハケットの1stソロVoyage of the Acolyte収録曲のカヴァー#7。終盤にシンセが入ってくる辺りはシンフォニック度マックスで感動的だが、意外とあっさりと終了するのも”らしい”感じ。
牧歌的なアコースティック・パートとエレクトリックなシンフォ・パートが同居する#8。7拍子のインスト・パートは元祖やフォロワーがさんざんやってきたパターンだが、THE WATCHがやると深みと説得力が一味違う。

最初の2,3回はそのあまりのアクの強さでアレルギーを起こしそうになるが、耳に馴染むとともに屈折したメロディや独特のコード進行がフックとなって耳から離れない。
GENESISを絶対的なルーツとしながらも独自路線を伺わせた前作から一転、再びピーター・ゲイブリエル在籍期GENESISの英国的な妖しい世界を再現。体に染みついてもうGENESISしかできなくなってしまったかのような、作曲、演奏、唱法。
もしGENESISがそのままの音楽性で存続していたらこんなアルバムを作っていた、と思わせるところが単なるモノマネを超越した職人バンドの矜持なのだろう。

Track List

1. Blackest Deeds
2. Disappearing Act
3. Masks
4. Copycat
5. It's Only a Dream
6. Tightrope
7. The Hermit
8. After the Blast

THE WATCH / Seven のレビューを見る

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP