KAJAGOOGOO のレビュー

KAJAGOOGOO / White Feathers

1983,UK

英国の5人組ポップ・グループKAJAGOOGOOの1stアルバムWhite Feathers。

KAJAGOOGOOといえば、ヒット曲「ネバー・エンディング・ストーリー」でお馴染みのリマール(Vo)が在籍していたアイドル・バンド、という認識が一般的かも。
しかし実際のところはニック・ベックス(B)を中心としたホワイト・ファンクを標榜する4人組に、音楽紙でバンド募集広告を出していたリマールが合体してできたもので決してリマールのバック・バンドではありません。
音楽性としてはDURAN DURANのニック・ローズのバックアップによってデビューしただけあってポップなのは勿論ですが、テクノっぽいエレクトロニック・ポップに、ニック・ベックスのグルーヴするベースや小気味良いギターのカッティングで垣間見せるファンクを融合させた独特のテイストが見逃せません。

この1stでは直線的なリズムと軽いシンセのオブリガードが目立つエレクトロニック・ポップ色が強いですが、リマールの甘い歌唱が印象的なヒット曲#2でのアダルトなヨコ揺れグルーヴ、#8などでの英国っぽい翳りなど、音楽面で正当な評価をして欲しいバンドです。

Track List

1. White Feathers
2. Too Shy
3. Lies & Promises
4. Magician Man
5. Kajagoogoo
6. Ooh To Be Ah
7. Ergonomics
8. Hang On Now
9. This Car Is Fast
10. Frayo

KAJAGOOGOO / White Feathers のレビューを見る

タグ:

フォローもよろしくお願いします!

KAJAGOOGOO / Islands

1984,UK

英国のポップ・バンドKAJAGOOGOOの2ndアルバムIslands。IONAへの参加やプログレ・バンドLIFESINSの結成、最近ではスティーヴン・ウィルソンのバンドへの参加など、プログレ界隈での活躍がめざましいベーシスト ニック・ベッグス(B/Vo)の原点。

イントロのブラス・セクションが鮮烈なミッドテンポのグルーヴィなナンバー#1。
マイルドなサックスに洒落たムードが漂う快活なポップ・チューン#2。
間奏他一部にサックスが入る以外はバンドでのアンサンブルによるムーディな#3。
ボーカル・メロディと絡み合うベース・ラインがリード・ベースと言ってもいいくらい印象に残る#4。
グルーヴィなベース、小気味良いギターのカッティングがリードするダンス・チューン#5。
アンニュイなムードが楽園でのバカンスをイメージさせる#6。
ブラス・セクションとシンセが融合したアレンジ、女性コーラスを交えたお洒落でクールなサビなど、ミュージシャン・シップの高さを証明する名曲#7。
浮遊感のあるバラード#8。
メロディを奏でるシンセとバックにゴージャスな華を添えるブラス・セクションが有機的に絡み合うインストゥルメンタル・ナンバー#9。

リマールの脱退に伴いボーカルをニック・ベッグスが担当するもそれほど違和感無く、むしろニック・ベッグスの歌唱力に驚きを禁じ得ない。
チャップマン・スティックを操りながら歌う#5のビデオ・クリップの印象もあるが、イントロでベースのフレーズをフィーチュアした#4やソリッドなスラップ・ベースがカッコ良い#7など、テクニカルな要素を増量。音楽性も、生のブラス・セクションの参加も相まってよりゴージャスかつファンク色が濃くなった。

また、各曲に挿入されるパーカッションが統一した南国ムードを漂わせ、Islandsと題された作品としての完成度を高めている。
メディアの扱いがアイドル・バンド寄りだったこともあり正統な音楽的評価の対象にならなかったKAJAGOOGOOだが、テクニックは水準以上のものを持ち、シンセとブラスを融合したポップなファンクという個性を確立したこのIslandsはもっと多くの人に聴いてもらいたいアルバムだ。

Track List

1. The Lion's Mouth
2. Big Apple
3. The Power to Forgive
4. Melting the Ice Away
5. Turn Your Back on Me
6. Islands
7. On a Plane
8. Part of Me Is You
9. The Loop

KAJAGOOGOO / Islands のレビューを見る

タグ:

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP