DANDO SHAFT のレビュー

DANDO SHAFT / An Evening With

1970,UK

英国のフォーク・グループDANDO SHAFTの1970年1stアルバムAn Evening With。

アコギ、マンドリン、ヴァイオリン、フルート、ウッドベース、パーカッション等アコースティック楽器のみのアンサンブルに、朴訥ながらメロディアスな男性ボーカルが乗るスタイルで、特にマンドリンの煌びやかな響きが神秘的なムードを醸成しています。
高音部=マンドリン、低音部=アコギ、という分担でのアンサンブルも意外に精緻にアレンジされており、演奏テクニックの確かさも伺えます。
全体的なムードは、タイトル通り、田舎のお祭りで焚き火でも囲みながら夕べに演奏している感じ、とでも表現したら良いでしょうか。仄暗くも暖かい独特のサウンドが心地良いです。

エキゾチックな#3、フルートが美しい叙情的な#5、アコギとマンドリンの絡みが見事なインストゥルメンタル#6、ヴァイオリンがリードするカントリー風な楽しい#7、等々マルチプレイヤーで後にセッションマンとしてもフォーク界で活躍するマーティン・ジェンキンス(Vo/Vln/Mln/Fl)の才能が迸っております。

Track List

1. Rain
2. Cold Wind
3. September Wine
4. Cat Song
5. In the Country
6. Drops of Brandy
7. End of the Game
8. Lazily, Slowly

DANDO SHAFT / An Evening With のレビューを見る

フォローもよろしくお願いします!

DANDO SHAFT / Dando Shaft

1971,UK

英国のフォーク・グループDANDO SHAFTの1971年2ndアルバムDando Shaft。

今作から女性シンガー ポリー・ボルトン(Vo)が参加。
デュオで軽やかに歌うダンス・ミュージック#1。
ポリーがソロで歌うヴァイオリンがリードする#2。
ポリーのしっとりとした歌唱をアコギ、ヴァイオリン、フルートが優しく包み込み、後半のスキャットもこの世の物とは思えない美しさの叙情フォーク#5。
デュオで歌うまどろみの美メロ・フォーク#9。
などなど、ポリーの澄み切った美声がバンドのサウンドに華やかさをもたらし、かなりとっつき易くなりました。

2本のギターのアンサンブルが見事な#3。
サビのボーカル・ハーモニーが美しい#4。
マンドリンの響きがエキゾチックな#6。
マンドリンの細かいフレージングが印象的な#7。
アコギとマンドリンによるインストゥルメンタル小品#8。
等、マーティン・ジェンキンス(Vo/Vln/Mln/Fl)が素晴らしいプレイを聴かせる1stの流れを汲んだ仄暗くも暖かい土着フォークも健在。
音楽性の幅を広げメジャー感を増したアルバムです。
朽ち果てたメリーゴーラウンドが儚くも美しいジャケット・アートはキーフ。

Track List

1. Coming Home To Me
2. Railway
3. Whispering Ned
4. Sometimes
5. River Boat
6. Kalyope Driver
7. Waves Upon The Ether
8. Dewet
9. Till The Morning Comes
10. Pass It On
11. Prayer

DANDO SHAFT / Dando Shaft のレビューを見る

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP