ARGENT のレビュー

ARGENT / Nexus

1974,UK

ブリティッシュ・ビートバンドZOMBIESのリーダーだったロッド・アージェント(Key/Vo)が結成したARGENTの1974年5th。このアルバムを最後にRAINBOW等への楽曲提供でお馴染みのラス・バラード(G/Key/Vo)が脱退します。コホーテク彗星をテーマにした冒頭のインストゥルメンタル3部作や長尺の#5等プログレッシブな曲展開を好むアージェント。メロトロンが美しい#4や#6等のキャッチーでコンパクトな楽曲を提供するバラード。と、対照的な2人のカラーをはっきり主張していながらも、ARGENTというバンドの個性として昇華され、魅力的なアルバムに仕上がっています。ピアノ、ハモンド、モーグ、メロトロン、クラビネット、チャーチオルガン等キーボード群を駆使し、豊富なアイディアと類い稀な個性をメロディアスなハード・ロックという解りやすいフォーマットで提示した名盤です。

Track List

1.Coming of Kohoutek
2.Once Around the Sun
3.Infinite Wanderer
4.Love
5.Music from the Spheres
6.Thunder and Lightning
7.Keeper of the Flame
8.Man for All Reasons
9.Gonna Meet My Maker

ARGENT / Nexus のレビューを見る

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP