KATMANDU のレビュー

KATMANDU / Katmandu

1991,IRELAND,SWITZERLAND

FASTWAYのデイヴィッド・キング(Vo)とASIAの3rdアルバムAstraに参加していたマンディ・メイヤー(G)が結成したハードロック・バンドKATMANDUの1991年唯一作。

ブルーズをベースにしたオーソドックスなハード・ロックだが、とにかくエモーショナルでカッコ良い!それはやはり2枚看板が揃ってるからでしょう。デイヴィッド・キングのロバート・プラントを彷彿させる歌唱が最高な上、マンディ・メイヤーのネバリあるトーンにピッキング・ハーモニクス、アーミング(レス・ポールにフロイド・ローズをマウント!)を絡めたオーガニック且つコンテンポラリーなプレイが加わるんですから。

ジミ・ヘンのフレーズをまぶしたU2のカヴァー#2。ピッキング・ハーモニクスを効かせたリフがリードするドロドロのヘヴィ・ブルーズにアップテンポのエキサイティングなパートを織り交ぜた#5。アコギとコーラスによる神秘的なサウンドがアイリッシュ・トラッドのエッセンスをも感じさせるフォーク・ナンバー#6。荘厳なゴスペル風コーラスで幕を開ける王道ハード・ロックにセクシーな高音シャウトが最高にマッチした#7。メロディックな激情ハード・ロック#10。ファンキーなビートにLED ZEPPELINのグルーヴも芳しい#11。
等々幅広い音楽性でややもすると軸がブレがちな所を、ボーカルとギターの強固な個性の存在がアルバムに一本芯を通し、ピンと張り詰めた心地良い緊張感をもたらしています。
五反田簡易保険ホールでの来日公演もリラックスした雰囲気で最高でした。

Track List

1. The Way You Make Me Feel
2. God, Part II
3. Love Hurts
4. Sometime Again
5. When the Rain Comes
6. Heart & Soul
7. Ready for the Common Man
8. Only the Good Die Young
9. Let the Heartache Begin
10. Medicine Man
11. Pull Together
12. Warzone

KATMANDU / Katmandu のレビューを見る

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP