COLLAGE のレビュー

COLLAGE / Moonshine

1994,POLAND

ポーランドの叙情シンフォニック・プログレッシブ・ロックバンドCOLLAGEの1994年2nd。ウェットな音像の中、濃密なパッド/ストリングス系シンセによるシンフォニックなバッキングの海をたゆたう甘いヴォーカルとメロディアスな泣きのギターが叙情シンフォニック・ワールドを醸成。長尺曲での思索的ヴォーカル・パートでは若干のダレも見られますが、各曲に設けられた必殺の叙情パートとそこに至るまでの起伏あるアレンジが聴き手の集中力を逸らさない力を持ってます。惜しむらくはこのシンセ・サウンドのトーンが一本調子な所ですかね。ズ太いアナログ・シンセとかをアクセントに使ってもらえるともっと良かったんですが・・・しかし、本家英国ポンプ勢に劣らないこのクオリティ。恐るべしポーランド。

COLLAGE / Moonshine のレビューを見る

タグ:

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP