DANDO SHAFT のレビュー

DANDO SHAFT / An Evening With

1970,UK

英国のフォーク・グループDANDO SHAFTの1970年1stアルバムAn Evening With。

アコギ、マンドリン、ヴァイオリン、フルート、ウッドベース、パーカッション等アコースティック楽器のみのアンサンブルに、朴訥ながらメロディアスな男性ボーカルが乗るスタイルで、特にマンドリンの煌びやかな響きが神秘的なムードを醸成しています。
高音部=マンドリン、低音部=アコギ、という分担でのアンサンブルも意外に精緻にアレンジされており、演奏テクニックの確かさも伺えます。
全体的なムードは、タイトル通り、田舎のお祭りで焚き火でも囲みながら夕べに演奏している感じ、とでも表現したら良いでしょうか。仄暗くも暖かい独特のサウンドが心地良いです。

エキゾチックな#3、フルートが美しい叙情的な#5、アコギとマンドリンの絡みが見事なインストゥルメンタル#6、ヴァイオリンがリードするカントリー風な楽しい#7、等々マルチプレイヤーで後にセッションマンとしてもフォーク界で活躍するマーティン・ジェンキンス(Vo/Vln/Mln/Fl)の才能が迸っております。

Track List

1. Rain
2. Cold Wind
3. September Wine
4. Cat Song
5. In the Country
6. Drops of Brandy
7. End of the Game
8. Lazily, Slowly

DANDO SHAFT / An Evening With のレビューを見る

カテゴリー: DANDO SHAFT

タグ: ,

DANDO SHAFTの他の記事

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP