PORCUPINE TREE のレビュー

PORCUPINE TREE / Signify

1996,UK

スティーヴン・ウィルソン(G/Vo)率いる英国のプログレッシブ・ロック・バンドPORCUPINE TREEの1996年4thアルバムSignify。

イントロ的な#1に続き、単音のハード・ロック風リフが延々と繰り返す緊張感の中、シンセによる上物がミステリアスなデコレーションを施すインスト#2。
静かな序盤からサビではクールな激情に発展する、ダークな叙情チューン#3。
SE的小品#4。
コンテンポラリーなフォークといった趣にミステリアスなテイストを加味した#5。
#5のムードを引き継ぎ、ベースとパーカッションによるグルーヴと鍵盤やギターのサウンドスケープによって起伏を生み出す#6。
モーダルなボーカル・メロディに緊張感漂う序盤と、メロウなサビを対比させた#7。
パーカッションとまろやかな笛のメロディがもたらすエキゾチックなムードから、シンセのミニマルなリフとドラムのビートが加わり、スペイシーなトリップ・ミュージックに発展するインスト#8。
アコギのカッティングにエフェクト処理されたボーカル、スライド・ギターと多層コーラスでマイルドかつサイケなムードを醸し出す#9。
ベースの2小節パターン・リフに、ギター、シンセ、ピアノ、その他様々なエフェクトが加わり浮遊するトリップ・インスト#10。
白玉中心のパッド系シンセとコーラスが寄せては返し、霧のように立ち込める#11。
ゆったりとした7拍子にメロウなサビのボーカル・パートを配し浮遊する#12。

歌モノは基本的にキャッチーなメロディアス・パートを持ちつつも、アンビエントな装飾による思索的なムードが加わることで決して安っぽくならず、インテリジェンスと気品を保っているところが英国らしくて良いです。
全体的にトリップ感抜群のインストゥルメンタルの比重が高く、深遠でダークなPINK FLOYDとでもいった感じ。

Track List

1. Bornlivedie
2. Signify
3. The Sleep of No Dreaming
4. Pagan
5. Waiting - Phase One
6. Waiting - Phase Two
7. Sever
8. Idiot Prayer
9. Every Home is Wired
10. Intermediate Jesus
11. Light Mass Prayers
12. Dark Matter

PORCUPINE TREE / Signify のレビューを見る

カテゴリー: PORCUPINE TREE

タグ:

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP