PAIN OF SALVATION のレビュー

PAIN OF SALVATION / Entropia

1997,SWEDEN

スウェーデンのプログレッシブ・メタル・バンドPAIN OF SALVATIONのデビュー・アルバムEntropia。戦争によって分裂する家族をテーマにした、デビュー作でいきなりのコンセプト・アルバム。

ヘヴィで壮大なリフがリード、静と動を巧みに織り交ぜたハッとするアレンジで物語にグイグイ引き込む#1。
SEとサンプリングしたビートからなる第一章のイントロ#2。
#2のビートで提示されたテンポを引き継いだヘヴィなリフから、クリーンなギターのバッキングによるボーカル・パートへ移行するミディアム・スローな#3。中間部のミステリアスなパートとコーラスのリフレインが印象的。
自然に挿入された変拍子とリズムチェンジによる場面転換による3部構成の組曲#4。ダニエル・ギルデンロウ(G/Vo)の慟哭のようなボーカルと泣きのギター・ソロが非常にエモーショナルで胸に突き刺さります。
クリーンなギターのアルペジオに抑揚を付けた歌唱が乗るメランコリックな#5。
マーチのリズムから一転、リディアン・モードによる新鮮な響きのメロディと2拍3連のアクセントによるリフが強烈に耳に残る#6。入り組んだアレンジのインスト・パートとキャッチーとも言えるボーカル・パートがシームレスに融合した個性的なプログレッシブ・チューン。
アグレッシグなリフがリードするスリリングな#7。時折挿入されたメロディック・パートが、ヘヴィなパートとの落差を生み出す老獪なアレンジが光ります。
エモーショナルなギター・ソロから3連リズムのエッジが立ったリフに移行するインスト#8。
メロディアスなテーマ・メロディを中心に配しながら、ラップ調の歌唱パートにジャジーなインスト・パートなどを交え、一筋縄では行かない変態的アレンジの#9。
ベースによるリフレインから叙情的なボーカル・パートに移行する小曲#10。
チョッパー・ベースがファンキーに迫るパートやギターが弾き捲くる疾走パートと、サビでシンフォニックに盛り上がるボーカル・パートが癒合した#11。
#2での波音のSEを冒頭に配し、叙情的に盛り上がる#12。終盤は突如ブルータルなリフが登場、苦悩と混沌の様相を見せる。
アコギをバックにダニエル・ギルデンロウの生々しくも祈るような歌唱をフィーチュアしたエピローグとなる#13。

様々な音楽的影響を消化したトリッキーなインスト・パートを印象的に使いながらも、主役はあくまでもエモーショナルな歌唱とメロディ。
既にPAIN OF SALVATIONとしての個性が確立されている脅威のデビュー・アルバムです。

Track List

1. ! (Foreword)
2. Welcome to Entropia
3. Winning a War
4. People Passing By
5. Oblivion Ocean
6. Stress
7. Revival
8. Void of Her
9. To the End
10. Circles
11. Nightmist
12. Plains of Dawn
13. Leaving Entropia (Epilogue)

PAIN OF SALVATION / Entropia のレビューを見る

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP