FLOWER KINGS のレビュー

FLOWER KINGS / Space Revolver

2000,SWEDEN

ベースにメタル方面での活躍が有名なヨナス・レインゴールド(B)が新加入したFLOWER KINGSの2000年5thアルバムSpace Revolver。

このバンドの魅力であるシンフォニックさはそのままに、サウンドが若干ソリッドに。同時に無国籍風エキゾチックな感じやロイネ・ストルト(G/Vo)の中域を強調したネバリのあるギター・トーンも減退。
これまでの作品に感じられた、「何が飛び出してくるか分からないドキドキ感」、「緊張感から感動のメロディへの開放」「突き抜けた高揚感」といった曲毎のドラマ性やアルバム通しての起伏も少なくなってます。
あえてレンジを狭く絞って、ストレートにしたかのような作風です。いや、悪くはないんですよ。part1と2に分けてオープニングとラストに配した#1,#10とかね。前作までの2作連発ダブル・アルバムというフォーマットに慣れると、CD1枚ってのが少々物足りない感じも。

Track List

1. I Am the Sun, Pt. 1
2. Dream on Dreamer
3. Rumble Fish Twist
4. Monster Within
5. Chicken Farmer Song
6. Underdog
7. You Don't Know What You've Got
8. Slave to Money
9. King's Prayer
10. I Am the Sun, Pt. 2

FLOWER KINGS / Space Revolver のレビューを見る

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP