DEEP PURPLE のレビュー

DEEP PURPLE / Slaves and Masters

1990,UK

脱退したイアン・ギランに代わり、何とジョー・リン・ターナー(Vo)が加入。彼に、リッチー・ブラックモア(G)、ロジャー・グローバー(B)と合わせてバンド・メンバー5名中3名が元RAINBOWなこのアルバム、ある意味第X期RAINBOWと言えるかも。威厳とメロディを兼ね備えた#1など佳曲もあるが、イアン・ペイス(Dr)のドラミングが全編ちょっと淡白なのが残念。

Track List

1. King of Dreams
2. The Cut Runs Deep
3. Fire in the Basement
4. Fortuneteller
5. Truth Hurts
6. Breakfast in Bed
7. Love Conquers All
8. Too Much Is Not Enough
9. Wicked Ways

DEEP PURPLE / Slaves and Masters のレビューを見る

カテゴリー: DEEP PURPLE

タグ:

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP