SPIRITUAL BEGGARS のレビュー

SPIRITUAL BEGGARS / Spiritual Beggars

1994,SWEDEN

デスメタル・バンドCARCASSを脱退したスウェーデン人ギタリスト マイケル・アモット(G)、少々ダミ声で王道ハード・ロック的歌唱のスパイス(Vo/B)、3ピースならではのサウンドの隙間を活かしたグルーヴィなリズムを刻むルディック・ヴィット(Dr)の3人組HR/HMバンドSPIRITUAL BEGGARSの1stミニ・アルバム。

ジミヘンを重厚でメタリックにしたかのようなリフでグイグイ押しつつ、終盤は3拍子の変態ジャジーなジャムでフェイド・アウト、と意外なヒネリを加えた#1。邪悪なブギーでグルーヴィに展開、サビのバッキングが何となくTHIN LIZZYっぽいムードの#2。またもやジミヘン風リフのヘヴィ・ロック#3。ミディアム・スローなテンポの#4。ズ太い単音ユニゾン・リフが牽引する#5。軽めのディストーション・サウンドによるファンキーなリフからサビでは邪悪でヘヴィ・メタリックなサウンドに発展する#6。歪み+トレモロをかけたギター・サウンドも良い感じです。

3ピースというバンド構成最小単位の利点であるタイトなアンサンブルと音の密度の濃淡を活かしたダイナミクス表現が巧み。リフで構成されたオールド・スクールな70年代風ハード・ロックがモデルですが、ブルーズ臭さは皆無でむしろサイケな感じ。ダウン・チューニングによる重低音や現代的なディストーション・サウンドでこういった音楽を演るのが新鮮でした。

SPIRITUAL BEGGARS / Spiritual Beggars のレビューを見る

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP