IT BITES のレビュー

IT BITES / The Tall Ships

2008,UK

再結成IT BITESによる2008年4thアルバムThe Tall Ships。

フランシスの不在が懸念されたが、アルバム序盤で解消。ジョン・ミッチェル(G/Vo)、この人10代の頃からIT BITESの大ファンだったというだけあって、鼻にかかったダミ声やサビでのファルセットなどフランシスにそっくり。ギターもテクニカルだ。彼の貢献もあって、IT BITESサウンドは健在。
爽やかなコーラス、エッジの立ったバッキング・ギター、ヘヴィなリズム、そしてもう一つの重要なピースがジョン・ベック(Key)のカラフルなシンセ・サウンド。
IT BITESの音楽性の根本はキャッチーなハード・ロックだが、そこに一捻り加わるのがセンス良く練りこまれたプログレ風味。そのキーマンであるジョン・ベックの奏でるオブリガードやバッキングの音色選択が相変わらず冴えてます。
とにかく、#1冒頭のコーラス・ハーモニーを聴いた瞬間に20年前にタイムトリップしたかのような感覚を味わえます。それに続くドライヴィング・チューン#2で既にノック・アウト!

Track List

1. Oh My God
2. Ghosts
3. Playground
4. Memory Of Water
5. The Tall Ships
6. The Wind That Shakes The Barley
7. Great Disasters
8. Fahrenheit
9. For Safekeeping
10. Lights
11. This Is England
12. When I Fall

IT BITES / The Tall Ships のレビューを見る

カテゴリー: IT BITES

タグ: ,

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP