AGENTS OF MERCY のレビュー

AGENTS OF MERCY / The Fading Ghosts of Twilight

2009,SWEDEN

FLOWER KINGSのロイネ・ストルト(G/Vo)による新プロジェクトAGENTS OF MERCYの2009年1st。
メンツは、Nad Sylvan(Vo)、Biggo Zelfries(Key/Violin)、Pat Mastelotto(Dr)、Jimmy Keegan(Dr)にFLOWER KINGSからはお馴染みのJonas Reingold(B)、Zoltan Csorsz(Dr)。
Nadのヴォーカルはフィル・コリンズとロイネを足して2で割ったような、若干演劇風味が入った渋い感じ。そして肝心の音楽性ですが、ここ数作ではコテコテの桃源郷シンフォニック路線に落ち着き気味の本家TFKには無い陰影や叙情性が、アダルトにリラックスしたムードの中にも程良く盛り込まれており大満足です。
デジタル・シンセによる過度な装飾は皆無でピアノ、オルガン、モーグ、メロトロン、ローズ、ウーリッツァーといったオーガニックなキーボード達のサウンドやアレンジが、より楽曲と各パートのプレイの魅力を引き出してます。ロイネによる円熟のトーン・コントロールも冴え捲くってます。

Track List

1.The Fading Ghosts Of Twilight
2.The Unwanted Brother
3.Afternoon Skies
4.Heroes & Beacons
5.Jesus On The Barricades
6.Waiting For The Sun
7.A Different Sun
8.Ready To Fly ?
9.People Like Us
10.A Soldiers Tale
11.Bomb Inside Her Heart
12.Mercury & Mercy

AGENTS OF MERCY / The Fading Ghosts of Twilight のレビューを見る

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP