TYGERS OF PAN TANG のレビュー

TYGERS OF PAN TANG / The Cage

1983,UK

TYGERS OF PAN TANGの1983年4th。

脱退したジョン・サイクスの後任は、ニュー・ウェイブ・バンドPENETRATIONのフレッド・パーサー(G/Key)。ポップになった音楽性や、ジョン・サイクスが去った事もあり注目度が一気に下がりましたが、でもこれがなかなか良いんです。カッコ良いハード・ポップな#4、新機軸ポップな#5など佳曲有り。哀愁のサビがイカす#10もナイスだ。ラストの#11ではフレッドのピアノとドラマティックなギター・ソロが素晴らしい名曲。ザ・サーチャーズのヒット曲のカヴァー#8ではサイクスのプレイも聴けます。

Track List

1. Rendezvous
2. Lonely at the Top
3. Letter from L.A.
4. Paris by Air
5. Tides
6. Making Tracks
7. The Cage
8. Love Potion No.9
9. You Always See What You Want
10. Danger in Paradise
11. The Actor

TYGERS OF PAN TANG / The Cage のレビューを見る

カテゴリー: TYGERS OF PAN TANG

タグ: ,

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP