THEATRE OF TRAGEDY のレビュー

THEATRE OF TRAGEDY / Musique

2000,NORWAY

THEATRE OF TRAGEDYの2000年作。

前作で美を極めた反動からか、突如エレクトロニックなサウンドに転換。曲タイトルも現代風というか何というか無機質なイメージだ。ベースとなるサウンドが全然違う方向に来てしまっっておりゴシック・メタルではもはや無く、ヘヴィなヨーロピアン・エロクトロニック・ポップという趣。一体この2年間に何があったんでしょうか?しかしながらリヴ・クリスティン(Vo)は今まで以上に普通に歌っており、#4の「アン、アアン、ア、アンアン、アアン」なんて部分では新味の萌えを発散している。歌唱スタイルはむしろ後のLEAVE’S EYESにより近くなっているくらいなので、彼女のファンとしてはこれはこれでありだ。

Track List

1. Machine
2. City Of Light
3. Fragment
4. Musique
5. Commute
6. Radio
7. Image
8. Crash/Concrete
9. Retrospect
10. Reverie
11. Space Age

THEATRE OF TRAGEDY / Musique のレビューを見る

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP