TAIKA のレビュー

TAIKA / Pulsate

2012,JAPAN

日本の女性ボーカル・プログレッシブ・ロックバンドTAIKAの1stフルアルバムPulsate。
妙(Vo/Accordion)が全曲の作詞・作曲を手掛けています。

メロディ、リズム、ハーモニーという音楽の3要素の観点からTAIKAの楽曲を表現すると、モーダルで暗く硬質な歌メロ、3拍子をベースにした変拍子の多用、独特のグルーヴを生み出すリズム隊が支えエレガントなピアノとどこか郷愁をさそうアコーディオンが舞うアンサンブル、ということにでもなろうか。

フルアルバムとしては1枚目ながら、既にTAIKA(というか妙)としての個性が確立されており、どの曲にももTAIKAならではのスタイリッシュな演奏と繊細で素朴な歌唱から受けるモノトーンな印象が。

一方で、ある意味パターン化されたスタイルはスケール感や意外性に乏しく、ちょっと油断すると今どの曲を聴いているのか分からなくなることも。

これがTAIKAの世界観なのかもしれないし、高い音楽性を感じさせる人達なので確信的なのかもしれない。
が、個人的な意見としては、時にベタな大甘叙情メロディや他の楽器(ビブラフォンとかなら世界観にも合うと思う)の導入で、少し差し色を加えて目先を変えてみるのもありだと思います。その事で現在の個性もより深みを増すのでは。

Track List

1. Beyond The Promise
2. To The Farthest
3. Mirage
4. Deep Sea
5. In A Different World
6. Spiral Forest
7. Moon And Solitude
8. Awake
9. Meteor

TAIKA / Pulsate のレビューを見る

カテゴリー: TAIKA

タグ: , ,

TAIKAの他の記事

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP