SYMPHONY X のレビュー

SYMPHONY X / Paradise Lost

2007,USA

SYMPHONY Xの2007年7thアルバム。

プログレッシブかつダークなムードに覆われた楽曲群をヘヴィなリフと超絶技巧ネオクラシカル・ギターが華やかに彩るカッコ良いヘヴィ・メタル。変拍子が地味に、それでいながら効果的に使用されている所にこのバンドの・・・っていうかマイケル・ロメオ(G)の知性を感じさせる。細部まで練りこまれた長尺曲中心のアルバム構成で何度聴いても飽きがこない。ヘヴィネスとメロウネスのバランス感覚も見事。繊細なピアノがリードする#5なんかもアレンジに隙が見当たりません。

Track List

1. Oculus ex Inferni
2. Set the World on Fire (The Lie of Lies)
3. Domination
4. Serpent's Kiss
5. Paradise Lost
6. Eve of Seduction
7. The Walls of Babylon
8. Seven
9. The Sacrifice
10. Revelation

SYMPHONY X / Paradise Lost のレビューを見る

SYMPHONY Xの他の記事

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP