NATIONAL HEALTH のレビュー

NATIONAL HEALTH / Missing Pieces

1996,UK

NATIONAL HEALTHの1stアルバム以前の音源をまとめた1996年リリースのコンピレーションMissing Pieces。

デイヴ・スチュワート/アラン・ガウエン(Key)、フィル・ミラー/スティーヴ・ヒレッジ(G)、モント・キャンベル/ニール・マーレー(B)、ピップ・パイル/ビル・ブラッフォード(Dr)というカンタベリー・ミュージックの錚々たるメンツによる1975~1976年にかけてのセッション。様々なメンバーが出入りしながらも、構築美と変態とユーモアが同居する#5をはじめとして、あくまでもきちんとしたアレンジありきな部分に、後のレギュラー・アルバムで聴かれるNATIONAL HEALTHらしさが既に感じられます。個人的なハイライトは、やはりアマンダ・パーソンズ(Vo)の美声が堪能できる#3。何故アルバムから漏れたのか理解不能な美しいメロディの名曲です。フィル・ミラー(G)の独特の甘いトーンがアマンダのヴォーカルに絡みつく所なんて堪らないですね。繊細なエレピとまろやかなシンセのオブリガードも、この曲の美しい世界観の構築に欠かせないパートです。アレンジはスチュワートでしょうか、さすがです。

Track List

1.Bourée
2.Paracelsus (Inc. Bourée Reprise)
3.Clocks and Clouds
4.Agrippa
5.Lethargy Shuffle and The Mind-Your-Backs Tango
6.Zabaglione
7.Lethargy Shuffle, Pt. 2
8.Croquette for Electronic Beating Group
9.Phlâkatön
10.Towplane and the Glider
11.Starlight on Seaweed
12.Walking the Dog

NATIONAL HEALTH / Missing Pieces のレビューを見る

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP