FLYING COLORS のレビュー

FLYING COLORS / Flying Colors

2012,USA

スティーヴ・モーズ(G)、ケーシー・マクファーソン(Vo)、ニール・モーズ(Key)、デイヴ・ラルー(B)、マイク・ポートノイ(Dr)から成る5人組ロック・バンドFLYING COLORSの1stアルバムFlying Colors。

メンツや#1序盤の両モーズによるジャム風掛け合いで、テクニカルかつシンフォニックなプログレッシブ・ロックを期待してたんですが、一聴すると音は割と普通のメロディアスなアメリカン・ロックがメイン。
爽やかなサビがキャッチーな#1、#4、#5など王道アメリカン・ロックを軸に、ドラマティックな起伏、こもったトーンのギター・ソロやコーラスがQUEEN風な#6、ストリングス・アレンジが美しいバラード#7などでのバリエーションをつけたアルバム構成もオーソドックス。
しかしながら、パーカッシブなギター&ベースに華麗なタムのロールやツーバスなど余裕のプレイが楽しめる#5のインスト・パート、怒涛のテクニカル・リフが登場するプログレッシブ&ヘヴィな#10、12分超のエピック・チューン#11の中間部での2分半に及ぶインスト・パートではインスト陣の出自を垣間見せる場面も。特にスティーヴ・モーズとマイク・ポートノイの記名性はさすが。ニール・モーズはシンセ、アコピ、エレピ、オルガンと多彩なトーンを聴かせる#11以外はTRANSATLANTICでお腹いっぱいなのか少々おとなしい印象。
一方、全体的な没個性に加え、ヘヴィ・ロックでのパワー不足がミスマッチで気持ち悪い#2やシアトリカルな表現力が求められるべき#6でのシンガーの力量不足は明白。
このプロジェクトが今後継続するとしたら、シンガーをどうするかがポイントのような気がします。

Track List

1. Blue Ocean
2. Shoulda Coulda Woulda
3. Kayla
4. The Storm
5. Forever in a Daze
6. Love Is What I'm Waiting For
7. Everything Changes
8. Better Than Walking Away
9. All Falls Down
10. Fool in My Heart
11. Infinite Fire

FLYING COLORS / Flying Colors のレビューを見る

カテゴリー: FLYING COLORS

タグ:

FLYING COLORSの他の記事

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP