EMERSON LAKE & PALMER のレビュー

EMERSON LAKE & PALMER / Emerson,Lake and Palmer

1970,UK

英国の3人組プログレッシブロック・バンドEMERSON,LAKE and PALMERの1970年1st。

この当時、オルガンを主体にしたロックというアイディアは誰しも考え付いたと思うが、それをギターレスでのトリオでやってのけた事こそ、このバンドの勝因であろう。折りしもムーグ・シンセサイザー等の新機材の登場もあり、それをいち早く導入したばかりか既に模範的な演奏を聴かせているという先見性にも注目。全編に渡りキース・エマーソンによるクラシックやジャズを背景にしたセンスとそれを具現化する各種鍵盤のプレイが中心ではあるが、グレッグ・レイクのメロディと美声が冴え渡る#6、カール・パーマーのドラム・ソロを配した#5、等々、3人それぞれをフィーチャーする曲も目立ち、メンバー個々の名詞代わりの1発的位置付けという意味では分かり易い仕上がりになってます。でも、やっぱりバンド・サウンドとして完成度の高いアンサンブルを見せ付ける、ダーティ・オルガンのリフがヘヴィな#3が好きですね、1番。中間部のクラシカルな展開がもたらす落差も、印象的なフックとなっています。

Track List

1. The Barbarian
2. Take a Pebble
3. Knife-Edge
4. The Three Fates
5. Tank
6. Lucky Man

EMERSON LAKE & PALMER / Emerson,Lake and Palmer のレビューを見る

カテゴリー: EMERSON LAKE & PALMER

タグ:

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

Amazon Ranking

Powered by fun9.net

TOP