COMUS のレビュー

COMUS / First Utterance

1971,UK

英国アシッド・フォークCOMUSの1971年1stアルバムFirst Utterance。

アコギ、フルート、オーボエ、ヴァイオリン、ヴィオラ、パーカッションと全てアコースティック楽器で繰り広げられる、呪術的で土着的でいながらドリーミーでメロディアスな暗黒フォーク。全編に漂うテンションの高さは相当です。
白眉は#2。中間部のアコギ・ソロが深遠な暗黒ムードを醸し出し、終盤は妖しくも儚げな女性Voがメロディを紡ぎます。これがこの世のものとは思えない美しさ。
完全にイッっちゃってる男性Voと軋むヴァイオリン、女性ヴォーカルの超高音スキャットがトライバルなパーカッションによるビートに乗って踊り狂う#3。
2本のアコギによるアンサンブルと男女Voのユニゾン、フルートとヴァイオリンのハーモニーによる緻密で理性的な構築美と、土着ビートとイカれた男性Voによる本能の叫びが奇跡の融合を見せるテーマ・ソング#4。
アヴァンギャルドなインスト#6。
牧歌的とも言える展開から土着パーカッションに導かれ狂気のシャウトで盛り上がる#7。
これら狂気の暗黒フォークがなぜか心地良く感じられるんですよね。

Track List

1. Diana
2. The Herald
3. Drip Drip
4. Song To Comus
5. The Bite
6. Bitten
7. The Prisoner

COMUS / First Utterance のレビューを見る

カテゴリー: COMUS

タグ: ,

COMUSの他の記事

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP