VUUR のレビュー

VUUR / In This Moment We Are Free

2017,NETHERLANDS

GATHERING脱退後、AGUA DE ANNIQUEを経てソロ・キャリアや数々のプロジェクトで活動しているアネク・ヴァン・ガースバーゲン(Vo)による新バンドVUURのデビュー・アルバムIn This Moment We Are Free。
アネク本人は、今後はソロではフォークを、バンドVUURではメタルをやっていくと宣言。VUURは単なるプロジェクトでは無くパーマネントなバンドである、ということを強調している。

音楽性は、チューニングを下げた(あるいは7弦等の多弦ギターか)ギターによる重低音リフを多用した若干のプログレ要素を含むモダンなスタイルのヘヴィ・メタル。サウンドのカギを握る2人のギタリストはテクニカルなリックも聴かせるテクニシャンである。ただ、そのサウンドやプレイにおいてVUURとしての個性を感じさせることは無く、アネクの歌唱が乗ることが唯一の解決方法となっているところが今後の課題であろう。

各楽曲は世界の有名な都市名をサブタイトルとし、都市のイメージとリンクしているものやそうでないものもあるが、リスナーに興味を持たせるためのアイディアとしては面白い。
アネク本人のパフォーマンスは、轟音にも埋もれない独特の声質で硬軟織り交ぜた表現力を発揮しており安定感は抜群。
デビューをプロモーションするツアーではGATHERINGやソロ・キャリアの楽曲も披露する意向のようで、多分盛り上がるだろう。
ツアーを通じてバンドとしての結束と個性を醸成し、次作ではこれがVUURだ!というものを聴かせて欲しいところ。

Track List

1. My Champion-Berlin
2. Time-Rotterdam
3. The Martyr and the Saint-Beirut
4. The Fire-San Francisco
5. Freedom-Rio
6. Days Go By-London
7. Sail Away-Santiago
8. Valley of Diamonds-Mexico City
9. Your Glorious Light Will Shine-Helsinki
10. Save Me-Istanbul
11. Reunite!-Paris

VUUR / In This Moment We Are Free のレビューを見る

カテゴリー: VUUR

タグ: ,

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP