TOTO のレビュー

TOTO / Hydra

1979,USA

アメリカ西海岸で活躍するスタジオ・ミュージシャン6人によるバンド TOTOの2nd。

神話を題材に都会の孤独を歌ったドラマティックな#1、#2がアメリカのバンドっぽくないシリアスでプログレッシブなムード満点。
ただし、そんな中にもお馴染みTOTOホルンが使用されたり、16ビート風のグルーヴが隠されている所にスタジオ・ミュージシャンの集合体であるTOTOらしいアメリカンなインテリジェンスも感じさせます。
とにかくカッコ良い初期TOTOですが、目玉はやっぱりスティーヴ・ルカサー(G)のハイセンス且つテクニカルなギター・ソロをフィーチャーしたハード・ロック。
端整なピアノとロックするパートの対比がドラマティックな#4。
ストレートなハード・ロック#5。
デヴィッド・ペイチ(Key)のピアノとスティーヴ・ポーカロ(Key)のシンセを効果的に配した、TOTOらしいメロディアスな#7。
これらは意外にも、主にピアノをプレイするデヴィッド・ペイチが作曲。
#3、#6といったTOTOならではのコンテンポラリーAOR路線の楽曲もアクセントとなっています。

多彩なセッション・ワークから得られたであろうソウルやジャズ/フュージョンなどのコンテンポラリーな要素を、ハード・ロックという分かりやすいフォーマットに忍ばせて独自のテイストのサウンドを確立したアルバムです。

Track List

1. Hydra
2. St. George and the Dragon
3. 99
4. Lorraine
5. All Us Boys
6. Mama
7. White Sister
8. Secret Love

TOTO / Hydra のレビューを見る

TOTOの他の記事

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP