TOMAS BODIN のレビュー

TOMAS BODIN / An Ordinary Night In My Ordinary Life

1999,SWEDEN

スウェーデンのプログレッシブ・ロック・バンド FLOWER KINGSのキーボード奏者トマス・ボディンの1stソロ・アルバムAn Ordinary Night In My Ordinary Life。

FLOWER KINGSのメンバーが全面バック・アップ。
全曲インストながら、特にロイネ・ストルトのギターが絡む#3,#7あたりの叙情性は抜群。勿論主人公のトマスも全編にわたりハモンド、ローズ、メロトロン、シンセと大活躍。パワフルに、クラシカルに、アバンギャルドに、そして清楚に・・・音楽性も特に何と限定できないごった煮風ですがカラフルに楽しませてくれます。
FLOWER KINGSでもそうですが、この人の音色セレクトは見事の一言。微妙にヴィブラートした笛のようなシンセ等の作った音も素晴らしいし、楽曲ごとのテイストや場面に応じたサウンド・メイキングのセンスが秀逸で聴いていてハッとさせられます。
中には趣味に走った退屈なテクノ風楽曲やほとんどがFX(効果音)の曲もありますが、それすらアルバム通して聴くと場面転換の繋ぎのようにも感じられ、それはそれで良くできてるなぁーと変に感心したりして。
前述の#3,#7に加え、チャーチ・オルガンの荘厳な調べ#4、軽快なフュージョン#5、3部構成の組曲#10あたりが好きですね。
#10中間部のピアノが奏でるメロディとその後のレズリーかけまくりのハモンドをバックに泣きまくるロイネのギターときたら・・・それはもう絶品です。

Track List

1,Entering the Spacebike
2,Into the Dreamscape
3,The Ballerina From Far Beyond
4,Daddy in the Clouds
5,Speed Wizard
6,An Ordinary Nightmare in Poor Mr. Hope's Ordinary Life
7,In the Land of the Pumpkins
8,The Magic Rollercoaster
9,The Gathering
10,Three Stories

TOMAS BODIN / An Ordinary Night In My Ordinary Life のレビューを見る

カテゴリー: TOMAS BODIN

タグ: ,

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP