SOLSTICE のレビュー

SOLSTICE / Circles

1997,UK

SOLSTICEの1997年3rdアルバムCircles。

今回もアンディ・グラス(G)、マーク・エルトン(Vln/Key)以外のメンバーが入れ替えられ、女性ヴォーカリストもハイディ・ケンプからエマ・ブラウンに交代。エマの声は初代シンガーのサンディ・レイに近いものの、サンディ程の神秘性は無く、もっとスッキリした感じ。
前作ではピッキング・ハーモニクス等現代的なエッジを多用して浮いていたギターが、比較的オーガニックな叙情プレイに戻ったのと呼応して、エマのストレートなクリーン・ヴォイスがピースフルなSOLSTICEらしい世界観の表現にぴったりハマってます。勿論ヴァイオリンも重要なパートで必ず登場。

イントロダクション的な挨拶代わりのインスト#1からピースフル&ドリーミングなSOLSTICE節が満開。重厚なバックとの対比がナイスな、お馴染みのモーダルなヴォーカルラインで浮遊感あるメロディアスさを演出するタイトル曲#2で早くも最高潮。
キャッチーな#4。
歌唱とヴァイオリンが絡んで美メロを紡ぐ#5。
モダンなアレンジが緊張感をもたらし、サビでの美しい展開の印象を倍増させる#6。
枯れた味わいのギターが切ない#7。

一気に聴き手を引きずり込むオーガニック・ワールドが健在の好盤です。

Track List

1. Salu
2. Circles
3. Soul to Soul
4. Thank You
5. Medicine
6. Sacred Run
7. Coming Home

SOLSTICE / Circles のレビューを見る

カテゴリー: SOLSTICE

タグ: ,

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP