KARMAKANIC のレビュー

KARMAKANIC / Who’s the Boss in the Factory?

2008,SWEDEN

FLOWER KINGS等で活躍するベーシスト ヨナス・レインゴールド(B)率いるプログレッシブ・ロック・バンド KARMAKANICの2008年3rdアルバムWho’s the Boss in the Factory?。

便利屋ヨラン・エドマン(Vo)、ラレ・ラーション(Key)、ゾルタン・チョース(Dr)、クリステル・ヨンソン(G)を核に、ロイネ・ストルト(G)、テオ・トラヴィス(Sax)等ヨナス参加プロジェクトの人脈から豪華ゲストも参加。

メロトロンを使用した7拍子のファンタジックなリフに時折叙情を織り交ぜた初期FLOWER KINGS風イントロ。もう既にここでハートを鷲づかみにされてしまう#1。抑えたトーンではジャジーに、歪みを加えた場面ではテクニカルにと、柔軟に且つスムーズなプレイを聴かせるクリステル・ヨンソン、ズ太いシンセのソロやカラフルなバッキングにセンスの良さを感じさせるラレ・ラーション、とインスト陣の見せ場もたっぷりな19分超大作。
軽快な7拍子に乗せたポップな歌モノ#2。
ピアノとフレットレスベースによるムーディな序盤から一転、キャッチーな中にもヒネリを効かせたボーカル・メロディがやはりFLOWER KINGSっぽい#3。美しいコーラス、個性的な音使いのシンセ・ソロとピアノ・ソロ、叙情的なテーマ・メロディからピアノとベースが絡み合うクライマックス、とインストゥルメンタル・パートもドラマティック。
哀愁のサビメロを際立たせるテオ・トラヴィスのサックスが良い感じの#4。サックスのメロディが変化したのをきっかけに、インストゥルメンタル・パートに突入。ヨナスの甘いフレットレスベースを皮切りに、ロイネ・ストルトのワウを掛けた粘っこい歌うギター、テオ・トラヴィスのサックス、と職人達の味わい深いプレイが楽しめます。
雫のようにしっとりと煌びやかなピアノによるインスト#5。
#5のムードを継承しつつ、アコーディオンによるヨーロッパ風な哀愁も加えて叙情的に仕上がった#6。

どうしてもインスト陣に耳が向きがちですが、昔、イングヴェイ・マルムスティーンとの仕事では無理やりハイトーンを要求させられて苦しそうだったヨラン・エドマンの歌唱も、ナチュラルに強弱と陰影を使い分けて楽曲のドラマ性演出に大貢献。見直しました。
さすが便利屋、HR/HMからファンタジックなプログレまで幅広く仕事をこなします。
ジャケット・アートから受ける硬質なテクニカル路線との先入観とは全く違い、あくまでもメロディと歌が主役なメロディアス&シンフォニックなコンテンポラリー・プログレの良作です。FLOWER KINGSより若干翳りが増量されているところが個人的には好み。

Track List

1. Send a Message From the Heart
2. Let in Hollywood
3. Who's the Boss in the Factory?
4. Two Blocks from the Edge
5. Eternally Pt.1
6. Fternally Pt.2

KARMAKANIC / Who’s the Boss in the Factory? のレビューを見る

カテゴリー: KARMAKANIC

タグ: ,

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP