GNIDROLOG のレビュー

GNIDROLOG / In Spite of Harry’s Toe-nail

1972,UK

GNIDROLOGの1972年1stアルバムIn Spite of Harry’s Toe-nail。

エキセントリックなヴォーカルとそれを軸にした、時に不条理的展開を見せる硬質なインスト部隊の演奏。まるでVAN DER GRAAF GENERATORのようだが、VDGGにおけるフリーキーなサックス・ソロのような突き抜けたアバンギャルド性はそれ程でも無く、もっとクールに統制されてます。
#1の後半”Skull”冒頭のフルートの繊細なフレージングを活かした素直な叙情性や#2での弦を交えた端正な暗黒叙情に、周到に計算された理性を感じさせます。
一方計算された混沌で異彩を放つのがアルバム中盤戦。静かに奏でられる不穏なモチーフがやがてバンドとして増幅され、神経を逆撫でするかのようなリフレインに発展し、それにビザールなヴォーカル・ラインが絡みつく#3。
アコギと管弦楽をバックにした田園フォークからハード・ロックに発展し、さらにねじれた不条理パートへと予測不可能な展開をみせる#4。
この辺りには既に孤高の香りすら漂いますね。
奇妙なフォーク・ナンバー小品#5を挟んでの組曲形式のラスト#6では、ブルーズ・ロック由来のインプロビゼーションを繰り広げ、意外とストレートに締めてます。

Track List

1.Long Live Man Dead: Long Live Man Dead/Skull
2.Peter
3.Snails
4.Time And Space
5.Who Spoke
6.In Spite Of Harry's Toenail: Goodbye-Farewell-Adieu/Harry'sToenail

GNIDROLOG / In Spite of Harry’s Toe-nail のレビューを見る

カテゴリー: GNIDROLOG

タグ:

GNIDROLOGの他の記事

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP