OSANNA のレビュー

OSANNA / Milano Calibro 9

1972,ITALY

イタリアのプログレッシブ・ロック・バンドOSANNAの2ndアルバムMilano Calibro 9。

映画のサウンドトラックで、作曲家ルイス・エンリケ・バカロフによる美しくドラマティックなストリングス・セクションにバンドのロック・サウンドが融合。
バンドが主導する小曲集の#3~#9では、暴虐のサックスとギターのユニゾンが痺れるヘヴィなジャズ・ロック、牧歌的フォーク、エキゾチックなラテン風味、ハード・ロックなど幅広い音楽性を高度なアンサンブルと爆発的なパッションで一気に聴かせる。
ギターやドラムからなるハード・ロック的音像を中心に、ある時は静謐で又ある時は吹き散らすフルート、幽玄なヴィブラフォン、スペイシーなモーグといった個性豊かな楽器を適所にフィーチュアするさじ加減も見事。
美麗なストリングスをバックに歌い上げるラストのカンツォーネは感動の一言。

Track List

1. Preludio
2. Tema
3. Variazione I
4. Variazione II
5. Variazione III
6. Variazione IV
7. Variazione V
8. Variazione VI
9. Variazione VII
10. Canzona

OSANNA / Milano Calibro 9 のレビューを見る

カテゴリー: OSANNA

タグ:

OSANNAの他の記事

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP