CATHEDRAL のレビュー

CATHEDRAL / The Ethereal Mirror

1993,UK

英国のドゥーム・メタル・バンドCATHEDRALの1993年2ndアルバムThe Ethereal Mirror。

リー・ドリアン(Vo)による雰囲気重視のヘタウマ・ボーカル、ギャリー・ジェニングス(G/B)のトニー・アイオミを彷彿させるソロ・プレイなど、BLACK SABBATHからの影響が絶大なメタルではありますが、極端にダウン・チューニングしたギターで90年代らしいヘヴィネスも加味しております。

3連暗黒重厚グルーヴに思わず体が揺れる#2。
超ヘヴィで高揚感あるリフと70年代ロックの息吹も感じさせるリズム隊のプレイがうれしい#4。
アコギを絡めてのムーディなパートとサビのリフでの爆発による対比が見事な#5。
等々、印象的なリフが重層的に連なり、場面転換しながら楽曲が紡がれています。
加えて#10をはじめ適所に垣間見せる叙情性も、まさにSABBATH直系で英国的です。ヒエロニムス・ボスの宗教画のような群像劇が描かれたジャケット・アートはデイヴ・パチェット。

Track List

1. Violet Vortex (Intro)
2. Ride
3. Enter the Worms
4. Midnight Mountain
5. Fountain of Innocence
6. Grim Luxuria
7. Jaded Entity
8. Ashes You Leave
9. Phantasmagoria
10. Imprisoned in Flesh

CATHEDRAL / The Ethereal Mirror のレビューを見る

カテゴリー: CATHEDRAL

タグ:

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP