BAROCK PROJECT のレビュー

BAROCK PROJECT / Coffee In Neukolln

2012,ITALY

イタリアのプログレッシブ・ロック・バンドBAROCK PROJECTの3rdアルバムCoffee In Neukolln。

地中海風でもありフォークロア風でもあるエキゾチックなメロディをテーマにした#1。軽やかさと重厚さの間をダイナミックに行き来する。
沈痛なバラードと思いきやそれで終わるはずも無く、クラシカルなストリングス、ボーカルがシャウトするプログレ・メタル風パート、柔らかなアナログ・シンセがテーマを奏でるパートと様々な要素を織り交ぜながら、フレージングが抜群のセンスのピアノが全てを融合させ楽曲の統一感を持たせた#2。
チャーチ・オルガンとクワイヤによる#4の荘厳なイントロとなる#3。
一転して静かで端正なオーケストラにオペラのようなボーカルが絡む前半とバンドが入りヘヴィネスも加わる後半から成る#4。BAROCK PROJECTを象徴するキャッチーかつクラシカルなテーマ・メロディが素晴らしい。
前曲のクラシカルなタッチから打って変わって無機的でコンテンポラリーなメロディのイントロで幕を開ける#5。清楚なタッチとアグレッシブな吹き散らしスタイルを使い分けるフルートをフィーチュア。
ハッとする転調も織り交ぜながら7拍子パターンに乗せて軽快に進行するキャッチーなプログレ・チューン#6。
RUSHSTYXなど北米プログレッシブ・ハードのテイスト漂うキャッチーで爽やかなパート1と、思索系パートからジャジーな展開を経てアルバム随一の叙情リフレインを満を持して繰り出すパート2から成る#7と#8の組曲。
繊細な序盤からクラシカルでスケールの大きな後半へ劇的に転換、おおらかなメロディに芸術の国の出自を感じさせるエンディング・チューン#9。

単なる意匠の流用では無い本気のクラシカル度にアカデミックな薫りを漂わせつつ、ロックのフィールドにシームレスに落とし込む手腕は驚異的。
クラシックの優美・壮麗とロックの激しさ・スリルの融合という、ポップ・ミュージック史上幾多のアーティストが挑んできたアイディアに新鮮な感性と抜群のテクニックでチャレンジし、音楽的完成度の高さで先人達の成し遂げた偉業と同等の高みへと軽やかに到達。BAROQUE+ROCKの造語BAROCKをバンド名に冠するBAROCK PROJECTの名に恥じない傑作。

Track List

1. Back to You
2. Coffee in Neukolln
3. Kyrie
4. Fool's Epilogue
5. Streets of Berlin
6. Starfull Jack
7. Inside My Dreamer's Eyes 1
8. Inside My Dreamer's Eyes 2
9. The Lives of Others

BAROCK PROJECT / Coffee In Neukolln のレビューを見る

フォローもよろしくお願いします!

Search

Twitter

Google +

Facebook

TOP